[life]那珂川町「南畑美術散歩」

黄色い水晶の種の年 倍音の月 8日
KIN183 青い磁気の夜

那珂川町の「南畑美術散歩」へ行ってまいりました。

南畑地区の工房・アトリエを巡るウォーキングイベントで、

普段は公開されない工房・アトリエで、

作家さんの作品を一度に見ることができます。

那珂川町のおいしい農産物の即売なんかもあります。

雰囲気は↓のリーフレット画像をみていただくと伝わるかな?

福岡市内の自宅からクルマで30〜40分くらい。

オットを口説き倒して、クルマを出してもらい、

家族三人で伺いました。

少し冬の訪れが早く、紅葉が綺麗!(もう葉が落ちている木も)

各工房までクルマを乗り入れることもできたようですが、

「美術散歩」にふさわしく、駐車場にクルマを置いて、

リーフレットを片手に徒歩で巡ります。

風が強くて寒かったですが、キリッとよく晴れた晩秋の一日でした。

空がいつみても見事。

そして、水が清らかな町なんだなぁとつくづく。

この美しい自然に惹かれて作家さんたちが集まってくるんだな〜

お楽しみ、ふくさんのワークショップ。

最後に訪れたステンドグラス工房の作家さんが、

「風が変わったな、という瞬間に気づいて作品にしたい。

だからこの場所につどってくる」

とおっしゃっていたのが印象的でした。

人も、自然も、美しく穏やかな那珂川町。

すっかり大好きになりました。

来年の美術散歩も楽しみにしています。