04_LIFE

[life]15年先の未来

前回に引き続き、
職場復帰準備講座の宿題「子どもが15歳になるまでのライフプラン」
を考えてみます。

■ご参考:子どもが3歳になるまでの働き方
http://nobiyura.sakura.ne.jp/blog/archives/95

なぜ「15歳まで」なのでしょうか?

子どもが小さいうちは母親も若く、

企業に勤めているサラリーウーマンであることが一般的です。

そうすると、

なかなか時間的な融通がきかない場合も多いですよね。

そのため、義務教育が終了する15歳までの間、

子どもとどう関わっていくか、どう仕事との折り合いをつけていくか、

あらかじめ考えておきましょう、ということのようです。

また、会社に勤めて10年、15年と経つうちに、

親のキャリアが積み上がってくるので、

働き方が変わっていく可能性があるそうです

(たとえば昇進、独立や起業など)。

自分で仕事を差配できるようになったり、

在宅勤務などで時間の融通がきくようになれば、

仕事と育児の関係はまた違ってきますから、

ひとまず15年というのは現実的な数字なのでしょうね。

15年先の未来・・・。

私、なにしてるだろう?

とりあえずExcelで、

家族全員の年齢入りプランニングシートを作ってみました。

15年後の自分のトシにくらくらしますが(笑)。

しかし、職場復帰する来年の生活さえ想像できないので、

15年後なんて「想定の範囲外」です。

娘のライフイベント(小学校入学)とかは入れられたけど、

自分のところは全然セルが埋まらない…。

漠然と浮かび上がってきたのは、

(1)第二子はほしい

(2)今の会社に定年まで勤めるというのはありえない

(3)開業とまではいかなくても、もうすこしフリーな立場で仕事がしたい

ということくらい。

とくに(3)なんて、

何の技能もないのに、なにデカいこと言ってるって感じ(^_^;)

育休中にやりたいことを見つけて勉強しようと思っていたのに、

なにもしないまま、もう半分過ぎてしまったしなぁ。

う~ん、焦る…。

「15歳までのライフプラン」、まだはっきりとした図は描けないけど、

自分の歩く道を考える良いきっかけにはなりました。

旦那にも聞いてみたところ、

「15年後は会社を辞めて山ごもり。悠々自適の生活したい」だって。

う~ん、それは無理でしょ(~_~;)

Tags:

About the author

[life]水への愛と感謝のお祭り

コメントはまだありません

[life]夏のはじまりの宴

コメントはまだありません

[life]つながらない人になっています

コメントはまだありません

[life]地味に過ごしたKIN1(笑)

コメントはまだありません

[life]紅茶講座を受けてよかったこと

コメントはまだありません

[life]紅茶、それは黄金の飲みもの。

コメントはまだありません