02_MUSIC AND STAGE

[stage]七月大歌舞伎昼の部・観劇記(その1)

 
 

 
 
ということで、行ってきましたー。
 
七月大歌舞伎昼の部です。

 

 

千穐楽間近とあって、座敷席には舞妓さんがいらしていたり、
 
華やかな雰囲気でした。
 
(パパラッチしたかった~) 
  

今回のお席は、2F下手の花道寄り。
 
先日夜の部を観に行ったときよりは、舞台が見やすかったです。 
 
 

  

にも関わらず、会社を普段使いの眼鏡を忘れてしまい、
 
会社用のPC用眼鏡しか手元になく…、役者さんのお顔など、
 
ディテールがよく見えませんでした。
 
つ、痛恨。 
  

ま、気を取り直して、最初の演目は、
 
「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」より「鳥居前」。
 
 
本当は長いお話らしいですが、
 
現代はこの幕だけ取り出して上演されることが多いとか。
  
  
京都の伏見稲荷神社の鳥居前が舞台で、
 
本当に舞台上に鳥居が立っています。
 
そして、源義経主従がなにやら打ち合わせをしています。 
 
 
じつは、兄頼朝に謀反の疑いをかけられた義経は、
 
今から奈良に落ちるというところ。 

花道から静御前が追ってきて引き留める、というシーンです。
  

題材はシリアスなのですが、演出(?)は全体にコメディタッチ。
 
 
こわい化粧をしている弁慶も、非常にコミカルで、可愛らしい~。 

うっかり頼朝からの追手を討ってしまって、
 
義経に怒られてしまいます。
 
 
追手の残党である逸見藤太も、
 
その手下である花四天たち(ショッカー軍団ぽい)も、 
 
「君たちやる気ないでしょ」というくらいのヘタレっぷり。 
 
しかし、側転やらバク転やら、派手に立ち回ります。
    
舞台上にねそべって、足をV字型に開く、
 
「まいった」のポーズが可愛いです。 
 

あとから出てくる、狐が化けたという忠信は、美味しい役ですね。 
   
狐っぽいそぶりをふりまきながら、
 
法力で花四天たちをどんどんやっつけます。
 
 
最後に、狐である本性をあらわす忠信は、
 
「狐六法」というステップを踏みながら、花道を退場するのですが、
 
そのときにお化け屋敷っぽい「ドロドロ…」という 
 
低いドラムロールが入ります。  
 
それは「妖かしのものである」という意味を
 
持たせているのですって。
 
 
歌舞伎の知識があまりなくても楽しめる一幕でした。
  
 

【送料無料】義経千本桜

【送料無料】義経千本桜
価格:1,680円(税込、送料別)

 
 
(で、やっぱり長くなったので続きます) 
 

About the author

[stage]佐賀にメゾソプラノ池田香織さん降臨

コメントはまだありません

[stage]クラシックの新しい可能性

コメントはまだありません

[stage]精華女子高等学校吹奏楽部 定期演奏会

コメントはまだありません

[stage]西南チャペル メサイア全曲演奏

コメントはまだありません

[stage]はじめてのマタイ受難曲

コメントはまだありません

[music]聖マリア大聖堂のオルガンメディテーション

コメントはまだありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です