01_MILLION FLOWERS

[learning]インド占星術・Jyotish(その1)

 

   

引っ越しする前の1月のお話で恐縮なんですが、
 
横浜でジョーティシュ(Jyotish)占星術をなさっている、
 
ヨコリンさんのセッションを受けてきました。 
 
  
 
 
 
昨年12月に、チャート読み@vedehappyさんをしていただいたことがきっかけで、
 
占星術というツールを活用していきたいな~、と思うようになったのびゆら。
   
 
ちょうど転居、転職というターニングポイントを迎えていたということもあり、
 
以前愛子さんのblogで読んで気になっていた、Jyotishをお願いすることに…。
 
 
 
一番上の画像が、のびゆらが産まれたその瞬間の、
 
お空の星たちの様子だそうです。

観る人が見たら、のびゆらがどんなキャラクターであるか、
  
ダダ漏れだと思いますが、ま、わたしはわかんないので。
 
  
この星図(という呼び方であってる?)をもとにリーディングをしていきます。
   

おもしろかったのが、

「母子手帳記載の時間より、20分位早く産まれているんじゃないですか」

と言われたこと。
 
 
産まれた場所・時間の星空と、 
 
事前にメールでお伝えしていた成育歴とか、
 
人生での大きな出来事(結婚、出産など)を照らし合わせた時に、 

20分くらい前だったらぴったりあてはまる、という感じだったのでしょうか。
 
(母子手帳の産まれた時間って、お医者さんもバタバタしていたりするし、
 
誤差はあるものだと思います・・・)
  

この「修正」ができるかどうかが、
 
プロの腕の見せどころなんだそうです。 
 
 
ただし、今回は母子手帳記載の通りの時間で、
 
星図をつくってくださったとのこと。
  
 

以下リーディングの内容をメモしますが、
 
内容は怪しいので、あまり真剣には読まないでください。
 
(たぶん間違いも多数あり)
 

***

 
■第1室が、自分。 
 
ここにはAs(アセンダント=自分)がいる。
   
生まれた瞬間の東の地平線と黄道が交わるポイントだそうです。 

だから、出生時刻が分からないと、Asの位置がわからない・・・。
  
 
■第7室(第1室のアスペクト=相対する部屋)は、対人関係をあらわす。

ここにはMa(火星)。 
 
火星のシンボルは忘れちゃいました。強い、だったかな? 
  
 
■第3室は、コミュニケーションの部屋。 
 
SaR(土星)のシンボルは、責任感、手を使う、仕事、など。 
  
現在、コミュニケーションそのものを仕事にしているので、
 
ぴったり、とのこと。
 
(のびゆらは本業が大好きで、忙しくても毎日楽しい…。 

人によっては就いている仕事が向いていなくて、それが悩みということもあるので、
 
それを考えるとラッキーな人生ですな)
  
 
■第9室(第3室のアスペクト)は、父親、教えることの部屋。

Ve(金星)がいます。
 
楽天的な金星で、教えることが好きだし、上手だとか。
   
(これもすごくよくわかる)
  

■第8室は、分析、探求の部屋。 

ここに、Me(水星)、Mo(月)、Su(太陽)と、三つも惑星がいる。
 
スピリチュアルなことに関心が高く、抵抗なく受け入れられるのは、
 
このお部屋の影響とか。 
 
(霊能力者さんなんかは、ここに全部の惑星が固まっていたりするそうです) 
 
 
■第12室は、なんのお部屋だったっけ?
 
ここにはKe(ケートゥ)、JuR(木星)。
 
Keは、月の軌道と地球の軌道が交わるポイントで
 
(もうひとつRa(ラーフ)というものあります)、
 
トランジット、新しいことを始める、こもる、コンピュータなどのシンボルが。
 

木星のシンボルは直感で、As(自分)に影響を与える星。
 
木星の周期は12年に一度なので、ちょうど今年も(トシオンナ)、
 
同じハウスあたりに来ているそう。

転職も転居も後押ししてくれている流れになっているらしい。
  

しかも、前職に転職したのも12年前なので、 
木星の影響?と思ってしまった…。
 

***

 
あー、メモ程度のはずだったのにきりがない。
 
ダーシャとか、いろいろ書きたかったのに…。
 
 
というわけで、今日のところは一旦終了。
 
(たぶん続きます)

About the author

[million flowers]KIN1☆万紫千紅、色とりどりに花咲こう。

コメントはまだありません

[learning]住まいの氣を整える☆コンテンポラリー風水講座

コメントはまだありません

[learning]21世紀の占星術☆アバター占い

コメントはまだありません

[learning]Bissan Rafe による Fairytales Workshop

コメントはまだありません

[learning]COMATSU kitchen & barで写真教室

コメントはまだありません

[learning]インド占星術・Jyotish(その3)

コメントはまだありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です