04_LIFE

[life]草衣心似月

file0002109328022

「草衣心似月」
草を編んで作った質素な衣服を着ていても、心は月のように美しい


森井啓二さんのtwitter
でこんな言葉を知りました。


ちょっと検索してみたら、唐の時代の禅僧・龍牙居遁という人の言葉だそうです。

木食草衣心似月(もくじきそういこころつきににる)
一生無念復無涯(いっしょうむねんまたむがい)
若人居何処住問(もしひときょいずれとこにすむかととわば)
青山緑水是我家(せいざんりょくすいこれわがや)

木の実を食べ草の衣を着て生活すれば、自分の心も月と同じようになる。
一生は無念にして またかぎりも無い。
仮に、ひとから住居は何処かと問われたら、
即座に青山緑水是我家と応える。

2013年は「草衣心似月」をテーマにしたいとおもいます。
それにしても禅語の世界、おもしろいなー。

About the author

[life]折り鶴に祈りを込めて

コメントはまだありません

[life]水への愛と感謝のお祭り

コメントはまだありません

[life]夏のはじまりの宴

コメントはまだありません

[life]つながらない人になっています

コメントはまだありません

[life]地味に過ごしたKIN1(笑)

コメントはまだありません

[life]紅茶講座を受けてよかったこと

コメントはまだありません