04_LIFE

[life]LOVE&HOPE 2年目の春便り

file000874604827

あれから二度目の、3月11日がやってきました。

たくさんの痛みも、悲しみも、繰り返し訪れる春が癒してくれるといいのですが。

すこし前に聴いたこのラジオが忘れられません。

love and hope
LOVE & HOPE 〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜

毎朝、FMから流れる10分間の番組。

だいたいベッドの中で、目覚まし時計代わりに流し聴き、なのですが、

先日3/8の回はふと聴き入ってしまった。

宮城県石巻市 釜小学校の土井正弘校長からの手紙

震災当時は、同じ石巻市の雄勝小学校に勤務されており、

全校生徒で、たったひとり津波で亡くなられた生徒さんがおられたとのこと。

その生徒さんに向かっての、手紙です。

サイトでは原稿用紙にタイプされた文章を読むことができますが、

ラジオはおそらく校長先生の肉声だったと思います。

もう、聴いているだけで涙、涙・・・。

勝手な想像ですが、「どうしてあの時彼を帰らせてしまったんだろう」と、

たくさんの涙の夜がおありになったのではないかと推察します。

(もちろん校長先生の責任ではない、と思います)

統計数字になると見失いがちだけど、

おひとりおひとりに人生があり、ご家族、ご親族、地域の方々がおられる。

子どもは、自分の子でも他人様の子でも、やっぱり宝なのだなぁ・・・。

うまく文字にできないけれど、2回目の春を迎えて思うのは、

子どもたちの未来のために、声を出したり、考えを明らかにすることを、

恥ずかしがったり、恐れたりしてはいけないってこと。

NO NUKES^^

100人の母たち―“原発”のない世界へ。私は子どもを守りたい。―
100人の母たち―“原発”のない世界へ。私は子どもを守りたい。― 亀山 ののこ

南方新社 2012-10-29
売り上げランキング : 93531

Amazonで詳しく見る by G-Tools

About the author

[life]パステルアート 6人展

コメントはまだありません

[life]10月28日(土)「住環境から考える本当の健康と暮らし方」in あんど

コメントはまだありません

[life]折り鶴に祈りを込めて

コメントはまだありません

[life]水への愛と感謝のお祭り

コメントはまだありません

[life]夏のはじまりの宴

コメントはまだありません

[life]つながらない人になっています

コメントはまだありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です