04_BOOKS ゲーム・オブ・スローンズ/氷と炎の歌

[books]<この表紙は誰?> 「氷と炎の歌」の世界メモ

game_of_thrones-HD

ようやく第三部『剣嵐の大地』(上・中・下)を二巡しましたよ。

ほぼ一ヶ月かかったわ・・・。

こうして手元に7冊揃うと、気になるんですよね。

そうです、表紙のこと。

のびゆらはドラマから原作に入った人なので、

当然、現在新刊書店で入手できる、改訂新版の話になるわけですが。

『七王国の玉座』(上・下)はわりと簡単。

七王国の玉座〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌1)

七王国の玉座〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌1)

  • 作者:ジョージ・R・R・マーティン
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2012-03-31

イラストは目黒詔子さん。

公式サイトで見られる大きい画像はキャプション付き。

パッと見、かなりラノベっぽくもあるのですが、

これは誰が見ても文句なしにジョンですね。

ロング・クロウを手に、アルビノの大狼ゴーストを従えて。

うんうん、わかりやすい。

バックは、「壁」にある黒の城でしょうか。

七王国の玉座〔改訂新版〕 (下) (氷と炎の歌1)

七王国の玉座〔改訂新版〕 (下) (氷と炎の歌1)

  • 作者:ジョージ・R・R・マーティン
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2012-03-31

こちらはデナ様。下巻のラストシーンですね。

(大きい画像はWeb上にはないみたいです)

上述の目黒詔子さんのサイトによれば、

アメリカで出版されたA SONG OF ICE & FIREの装丁画集に、

この上下巻の表紙イラストが収録されているとのこと。

見てみたいわー。

図書館にないかな? ないよね・・・。

(Amazonのなか見検索でちょっとだけ他の収録イラストが見られました。

が、アメコミみたいでイマイチ・・・。)

続いて、『王狼たちの戦旗』(上・下)。

王狼たちの戦旗〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌2)

王狼たちの戦旗〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌2)

  • 作者:ジョージ・R・R・マーティン
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2012-06-30

大きい画像はこちら

男の子のように凛々しい横顔、アリアちゃんですね。

短髪で裸足、<ニードル>が象徴しています。

バックは湖があって、廃墟っぽい感じなので、ハレンホールかな。

王狼たちの戦旗〔改訂新版〕 (下) (氷と炎の歌2)

王狼たちの戦旗〔改訂新版〕 (下) (氷と炎の歌2)

  • 作者:ジョージ・R・R・マーティン
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2012-06-30

大きい画像はこちら

ショートカット、かなりきつい眼差し、

でも衣服は豪華、宝石にいろどられた短剣を吊っている、

ということで、まったく誰かわからなかったのですが、

ある日「サンサだ!」とひらめきました。

(でも、髪を切るシーンとかあったっけ?)

(上)のアリアと揃うとスターク姉妹になりますし、

胸に抱えるアメジストのヘアーネットがポイントです。

さらにその奥に、ちょっと霞んで見えるお城。

ずっと家に帰れていないサンサが、

故郷ウィンターフェル城を思い描いているのではないでしょうか。

そして、『剣嵐の大地』(上・中・下)。

剣嵐の大地 (上) 〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1876)

剣嵐の大地 (上) 〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1876)

  • 作者:ジョージ・R・R・マーティン
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2012-10-23

ここからイラストは鈴木康士さんに変わります。

この美女・・・、

勝手にマージェリーだと思いこんでいるのですが、

いかがでしょう?

まず、こういうきらびやかな服を着られる立場にいる女性というと、

現時点では、

・サーセイ
・サンサ
・マージェリー

しかいないので、

・サーセイ → 髪が金色×
・サンサ → 髪が鳶色×
・マージェリー → 髪が茶色◯

という消去法です^^;

ちょっとなにかに驚いたような様子なので、

結婚式で、ジョフリーが倒れたときの彼女だと想像しています。

剣嵐の大地 (中)〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1877)

剣嵐の大地 (中)〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1877)

  • 作者:ジョージ・R・R・マーティン
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2012-10-23

これは・・・怖いですね。かわいそうなことになってますね。

<小鬼>ティリオン。

剣嵐の大地 (下)〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1878)

剣嵐の大地 (下)〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1878)

  • 作者:ジョージ・R・R・マーティン
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2012-10-23

ちょっとほっとさせてくれます、サム。

サムは臆病ですが、意外としぶといので、今後が楽しみ。

ついでなので、『乱鴉の饗宴』(上・下)も考えてみよう。

(まだ読んでないけど)

乱鴉の饗宴 (上) (ハヤカワ文庫SF)

乱鴉の饗宴 (上) (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者:ジョージ・R.R. マーティン
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2013-01-25

ジェイミーですね。左手が義手になってます。

なんだか「鋼の錬金術師」みたいだな・・・。

乱鴉の饗宴 (下) (ハヤカワ文庫SF)

乱鴉の饗宴 (下) (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者:ジョージ・R.R. マーティン
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2013-01-25

サーセイでしょうかね。

艶やか。

子ども三人産んでるとは思えないナイスバディ。

(上)(下)が揃うとラニスターの双子になりますね。

皆さんは、表紙のそれぞれ、誰だと思いますか???

About the author

[books]内向型人間のすごい力 〜静かな人が世界を変える

コメントはまだありません

[海外ドラマ] ゲーム・オブ・スローンズ Season3 始まるよー

コメントはまだありません

[books]日々是布哇(ひびこれはわい) 〜アロハ・スピリットを伝える言葉

コメントはまだありません

[books]『竜との舞踏』(3) (氷と炎の歌5)

コメントはまだありません

[books]『竜との舞踏』(2) (氷と炎の歌5)

コメントはまだありません

[books]『竜との舞踏』(1) (氷と炎の歌5) 〜デナーリス編

コメントはまだありません

あなたの一言をお待ちしています