旅とキャンプ

[camp]<毛虫警報発令中>田川郡赤村・源じいの森キャンプ場2

P9235907

さて、そんな感じで翌朝。

娘はすっかり復活ー!デトックスの熱だったようです。

良かった良かった。

朝食は、昨日食べなかったので、あまってしまったシチューと、

おにぎり。

P9235912

立ち寄った地元スーパーで見つけたおやつ、

「小関さんちのかりかり大豆」

P9235909

P9235911

これ美味しかった。

給食とかに出る「小魚アーモンド」みたいな感じなんですが、

大豆なのでほんのり甘くて、止まらない〜〜!

検索していたら、生産者さんのblogを発見しちゃいました。

小関さんちのかりかり大豆、20周年を過ぎました。

また赤村に行くことがあったら買おうと思います。

さて、お世話になったこちらのサイトですが・・・、

9月だというのにさくらの木(?)に毛虫がたくさん生息していて、

彼らがさなぎになるために、地面を目指して旅をしてくるまっただ中、

という恐ろしいフィールドでした(-_-;)

一夜明けて、テントの屋根をあるく毛虫、さなぎになっている毛虫がぞくぞくと・・・。

(ショックすぎて写真はなし)

最初気持ち悪がっていた娘でしたが、

オットがペグの先でこそげ取って、目の前の川へ投げるというのを始めると、

嬉々としておこなうように^^;;(毛虫さんごめんよー)

テントをたたんでグランドシートの裏にもさなぎがいました!!(TOT)

いや〜、まじヘビーでしたわ。

サイト自体は川べりで落ち着いた感じで好きだったのですが、

こんな状態だと真冬にしか来れないかも・・・。

さて、逃げるように(?)テントを撤収した後は、

お楽しみの「源じいの森温泉」へ。

逆光がすごくて、玄関の写真撮れなかったので、女湯の入り口です(笑)。

P9235913

建物の外観は、木とコンクリートの組み合わせで、意外にモダンな印象です。

P9235915

P9235914

大浴場が2つあり、男湯と女湯が日替わりになります。

行った日は、ちょうど女湯側がジャグジーのあるほうでした。

洗い場は、壁に蛇口が並んでるというのではなく、

なんというかアイランドキッチンみたいな感じで、向かい合わせに3席ずつ。

全部で12席くらいはあったのかな?

ゆったりしていて、両サイドが露天風呂を臨む窓なので、すごく開放的でした。

お湯は、とくに期待していなかったのですが、

意外にちゃんとしてました。

岩の露天風呂も広くていい感じ!

しかし屋根のある日陰は混雑していて、ずっと日向にいたので、

途中で退散しました。

じつはジャグジーも露天風呂で、ビニール畳の中庭のどまんなかに。

ここも東屋のような屋根が付いているので、日焼けしません。

ビニール畳の上にはいくつか藤の枕が置いてあって、お昼寝準備万端!

娘がジャグジーで遊んでいる間、マッパでちょっとウトウトしちゃいましたよ〜。

すっかりホカホカになって、大広間で昼食に。

外から見たところ

P9235914

大きなTV(またまた逆光です。。。)

P9235919

軽食をいただける屋台

P9235916

木目の美しい天井

P9235918

しかしこの大広間、そこかしこで皆さん堂々と寝ていらっしゃるので、

わたくしもオットも遠慮なくシェスタさせていただきました〜。

1時間ほどぐっすりと。

冷房ががんがん効いていたので、寒さで目がさめました(笑)。

# 娘は寝ずに、本を読んで待ってたらしい。

いつも運転とテントの設営/撤収でへとへとになるオットも、

睡眠チャージできて、帰りのドライブが楽だったそうです。

やっぱりお昼寝って大事ですね☆

About the author

[travel]嬉野よいとこ、一度はおいで〜

コメントはまだありません

[Travel][ママ壱岐5]初対面でも、子連れでも、最高に旅を楽しめるワケ。

コメントはまだありません

[Travel][ママ壱岐4]壱岐の神様めぐり

コメントはまだありません

[Travel][ママ壱岐3]壱岐の夜はおもてなし尽くし

コメントはまだありません

[Travel][ママ壱岐2]渚の女神が棲む♪辰の島

コメントはまだありません

[Travel][ママ壱岐1]ママイキおとなの遠足@壱岐の島

コメントはまだありません

あなたの一言をお待ちしています