[Workshop]魂と繋がる歌の唄い方(魂うた)in 福岡

IMG_20150823_191408

はるばる名古屋から「㐧二音楽室」主宰の澤さんにお越しいただき、

「魂と繋がる歌の唄い方(魂うた)」の

ミニワークショップを開催いただきました。

「魂と繋がる歌の唄い方」

なんだかワクワクするタイトルだと思いませんか?

澤さんとは、3月に来福いただいたふなさんのFBで知り合い、

現在、「魂と繋がる歌の唄い方」、略して魂うたの、

ファシリテーター研修中ということをお聞きして、

機会があれば、福岡での開催をお願いしていたところ、

あれよあれよという間に、実現の運びとなったものです。

(ふなさんの「澄まし処」を開催した時もまったく同じ流れでした・・・。

なんだか愛知県の方にご縁のあるのびゆらです)

魂うたのワークショップは、かなり綿密に構築されていて、

事前にファシリテーターの方に、ワークショップ参加の動機や、

自分と歌の関わりなどを自由に文章で表現する、

というプロセスがあります。

わたしが澤さんに送ったメールはこちら。

子どもの頃からずっと歌うことが好きだったのに、

社会に出てからなんとなくその機会を逸し、

ずるずると今まで来ました。

(クラシックが好きなので、カラオケにはほとんどいかない)

家ではよく歌っていましたが、

「うるさい」と家族に嫌がられる始末(笑)。

ところが、今年オーラソーマのワークショップに参加したら、

「チャンティング」といって、

天使に自分の声で呼びかけるワークがあり、

そこで一気に昔の記憶(歌が楽しかった頃)が蘇ったのです。

4月から宗教歌をメインで歌う合唱団にも所属し、

歌の楽しさをじわじわとかみしめていた頃に、

ふなさんのところで「たまうた」の記事を拝見しました。

歌にはほんとうに大きな力があると思うので、

この「たまうた」でどんな経験ができるか、

ほんとうに楽しみにしています。

ワークショップは、澤さんのご縁のあった某幼稚園で。

小さな椅子が可愛かった〜〜

当日はなぜかまったく写真がとれておらず、

事後に澤さんに送ったメールにてレポートとさせていただきます。

「魂うた」ミニワークショップ in福岡、
ありがとうございました。

準備の動作からまず、理にかなっていて気持ちが良かったです。

グラウンディングで、体のいろんな箇所に意識を向けていくところ、
頭とか、上半身をやっているときは、ふらふらしてちょっと辛かったのですが、
下半身に進むにつれて安定し、どっしりしてきたのを感じました。

しばらく右側のかかとを痛めていたのですが、
「足と仲良くする」運動をしてから、
翌日以降はかかとの痛みがウソのように楽になりました
(びっくり!)。

発声練習は、チャクラに対応しているのかと思いますが、
オーラソーマでもチャクラをやるので、
それぞれのチャクラに対応した色を思い浮かべながら、
歌っていました。

そして、歌。

「すべての山に登れ」を選んだのは、
じつは当日朝のインスピレーションで。

もともと好きな曲というのもありますが、
歌詞が短いので歌う時間が短いだろう、
という不純さ(汗)。

でも、練習で歌っている間に、しみじみ良い曲だなぁと・・・。
ちなみに歌詞は、岡幸二郎さんのアルバムに入っていたバージョンで、
CDを聞きながら書き起こしました。

1回目。
幼稚園の園庭とその先の植木を見ながら、気持よく。
アルプスを眺めている気分で、修道院長になりきって。

でもこの時は、自分と曲との間に、
距離がちょっとあったと思います。

2回目。
普通に考えると、あの曲で◯◯◯◯◯、
って思いつかないと思うんですが、
そんなフィードバック。

やっているうちにシャーマンがおこなう儀式のように、
まるで「歌の中にすっぽり入ってしまった」ような経験でした。

いま思い出してもゾクゾクします。

※まだ太ももが筋肉痛ですが^^;;

その前に歌った◯◯さんへのフィードバックも拝見し、
「一度型から外す」というプロセスが重要なのかと愚考しています。

最後。
1回目と2回目の経験を統合し、どう表現するか。

自分としては、1回目と2回目と足して2で割った感じ、
を目指したのですが、
実際にどうだったかはわかりません。

でも声は一番よく出た気がしたし、歌との一体感もありました。
(中略)
骨盤は、煮えたシチュー鍋のようにぐつぐつしていました(笑)。

最初の自己紹介で、
「歌が好きな理由を持ち帰りたい」と言いましたが、
はっきりとわかったのは、
「歌うと気持ちが良いから好き」ということ。

2回目のパフォーマンスで感じたようなゾクゾク感は、
やみつきになりそうです。

また、福岡でワークショップやってくださいね!

一部伏せ字がありすみません(笑)。

歌うことが好きな方はもちろん、歌うことが苦手な方にも、

ぜひ一度体験していただきたい、そんなワークショップでした。

澤さん、ご一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました。

返信を残す

必須項目には印がついています*