[memo]「東北関東大震災被災者支援プロジェクト つなぐ光」

きくちゆみさんが発起人となって、
 
東北関東大震災被災者支援プロジェクト つなぐ光」が発足しています。
 
 
以下、プレスリリースを転載します。
 
 

 
—–転載ココカラ 

東北関東大震災被災者支援プロジェクト 「つなぐ光」発足

3月11日に発生した未曾有の惨事に沖縄でなにができるか話し合い、「東北関東大震災被災者支援プロジェクト つなぐ光」を立ち上げることにしました。

今回の地震と津波と原発事故からの復興は、放射能汚染のために困難を極め、長期化すると思われます。沖縄は日本の中でもっとも被災地から遠く、安全な場所です。とくに今30キロ圏内に避難されている方たちの中で、まず「妊婦、子ども連れの家族」を沖縄で受け入れるための情報センターとなります。

まだ体制は何もできていませんが、一緒に動いてくれるボランティアを募集します。また、ホームステイの受け入れ先(空いている部屋や受け入れられる人数)、ホテル、空き家/空き室情報を求めます。費用はサポートして下さる方の募金で賄っていきます。

「つなぐ光」のミッション

1.被災者の沖縄のホームステイ先を見つけます。(短期:1〜2週間)
2.被災者の沖縄の移住先をお世話します。(中長期)
3.被災者の必要としているケア(メンタル、ヘルス、生活など)の提供者を紹介します。

発足メンバー:

代表    金城睦
事務局長  中川角司
発起人   きくちゆみ
アドバイザー 森田玄
スタッフ   中川コカ

連絡先:090-6146-5054(中川)tsunagu@mothership2012.org

事務所:那覇市内に予定

—-ココマデ
 

 
事務局blogに、ハッとした文章が書かれていたので、
 
こちらも転載します。

 
—–転載ココカラ
 

つなぐ光には、よく「被災者さん、いつ何人きますか?」という問い合わせがあります。

実際は、背景として、「被災者さんは、避難したくても、避難できない論調が
 
現場にはある」ということを知らせてゆこうと思います。

その認知拡大が、【 いま急がれる、最重要な後方支援である! 】と理解しました。

「ここから安全な場所に避難していいんだー」と思っていただける世論づくりが重要です。

昨日覚えたばかりのツイッターというものでツイット(?)してゆきます。

そして、それと平行して、「受け皿」をつくるのが、2大要素であると痛感しています。
 

—-ココマデ
 

「つなぐ光」の活動を応援しています! 

もうすでに、三家族12名の方がホームステイされたそうです。
  
 
最新情報 つなぐ光事務局blog
twitterアカウント @tsunaguhikari

こちらは、沖縄のニュース番組で「つなぐ光」が紹介されたときの映像。 
 

 
  

返信を残す

必須項目には印がついています*