オーラソーマ

[オーラソーマ]”自分が自分を扱っているように、他人は自分を扱う”

IMG_20160730_090839

青いスペクトルの嵐の年 磁気の月 8日
KIN226 白い倍音の世界の橋渡し

受付中☆ 9/3(土)まきちゃん先生のここだけの話&愛MAX!一義流気功祭り

画像は、バス車窓からの母なる太田川。

山口の実家へ帰省したついでに(というか、帰省がついで?)、

広島のオーラソーマティーチャー、石田博実先生へお逢いしてきました。

6月にデヴオーラで開催されたブリッジコースの報告会セミナーということで、

ご一緒に参加されたはなおかたみえさんがたくさん写真を見せてくださり、

感じたことをシェアしてくださいました(CCC合格おめでとうございます!)。

各自セレクトした1本目のボトルをテーブルに並べ、

色の言語についてシェアする時間もあり、

今までなかった観点で色を考えるきっかけとなりました。

オーラソーマ、やっぱり楽しい(*´ω`*)

博実先生の言葉で、おお!と思ったこと。

それは、“自分が自分を扱っているように、他人は自分を扱う”

ちょっと前に、FBでこんな記事が回ってきました。

子どもの“服装”で大人たちの態度が激変…社会実験の内容がショッキング

子どもの“服装”で大人たちの態度が激変…社会実験の内容がショッキング (20160802)

同じ子どもの服装の違いで、周囲の反応がどう変わるか、という実験のレポートなのですが、

大人って勝手だなぁ、とさらっと読み飛ばしてしまいました。

博実先生の言葉を聞いて、この記事のことを思い出し、あらためて読んでみると、

「服装」はその人が尊重されているかどうかの、

わかりやすいバロメーターであることに気がつきます。

・きれいな格好=尊重されている

・みすぼらしい格好=尊重されていない

# それが真実かどうかは別にして、「そのように見える」ということです。

「みすぼらしい格好」の子どもは、尊重されていないというメッセージを発しているので、

周囲の大人も同じように、彼女を尊重しない態度をとってしまうのですね。

実験では尊重されない対象は子どもでしたが、

おそらく子どもほどわかりやすく態度にあらわれないだけで、

これは大人でも同じではないでしょうか。

# かといって、高級ブランドの服を着ればいいということではないのですが・・・。

その日、ちょうど博実先生のサロンに入荷したマゼンタのポマンダーを

持ち帰らせていただきました。

IMG_20160731_075850

色といい、香りといい、女子力高いポマンダーです(笑)。

他人に自分を尊重してほしかったら、まず自分が自分を尊重する。

姫として扱う!

わたしたちはみんなプリンセスなんですよね。

博実先生、ご一緒した皆さま、ありがとうございました。

IMG_20160730_192115

受付中☆ 9/3(土)まきちゃん先生のここだけの話&愛MAX!一義流気功祭り

About the author

[13の月の暦]舵取りの力

コメントはまだありません

[オーラソーマ]2017年は、“あなたの歌を歌うとき”

コメントはまだありません

[life]「声」から自分の本質を知るサウンドレゾナンス

コメントはまだありません

[オーラソーマ]石田博実先生の四柱推命モニターセッション

コメントはまだありません

[オーラソーマ]「すべての理解を超えた平和」

コメントはまだありません

[オーラソーマ]オーラソーマの何に惹かれたのか?を探求するPPS

コメントはまだありません

あなたの一言をお待ちしています