[オーラソーマ]石田博実先生の四柱推命モニターセッション

img_20160919_093711

青いスペクトルの嵐の年 電気の月 11日
KIN25 赤い水晶の蛇

カバラ人生解読の合間には、念願の、

石田先生による[オーラソーマと四柱推命]モニターセッションを

受けることができました。

もともと8月の予定が私事都合で延期となり、

とても楽しみにしていました。

実は、四柱推命をすこーしだけ学だことがあります。

その後、オーラソーマに出逢ってしまい、すっかり放置していたのですが、

なんとか自分の命式は出せるくらいのレベル。

なので、まず四柱推命から導き出されたボトルたちを見たときは、

これがボトルに置き換わるとこうなるんだ〜、と驚き。

# トップの画像

通常のオーラソーマでは、ボトルを選んだ順に左から右に並べますが、

四柱推命バージョンは、命式を書くときと同じく、

右から「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と並べます。

時柱=時間のボトルはまだ確定しておらず、候補が2本ありました。

B26をレスキューセットで使ったことがある以外は、

まったく馴染みのないボトルばかり。

大天使ボトルが1本あってはしゃぐ!!(候補だけどw)

自分自身の本質を表す「日柱」は「丁(ひのと)」。

これは陰の火なので、焚き火やキャンドルの火をみたいな感じ。

対応ボトルは、B40 = I am。

「そのままの自分でいいんだよ」と言われたようで、

なんだか嬉しかった。

火といえば、四柱推命の書籍には、良い命式の条件として、

「すべての五行が含まれていること」なんて書いてあったりしますが、

わたしの命式は「火」と「金」が多くて、「木」がまったくないんです。

なので、物理的に植物や緑がたくさんあるところに行って、

「木」のエネルギーを補給するのも良いそうです。

オーラソーマのカラーエッセンスもいいかも!と思いました。

# カラーエッセンスには、オーラソーマプロダクツで唯一、
 樹木のエネルギーが含まれています。

そして、火をおこすには木が必要。

なんでも自分でやろうとしない、というメッセージをいただきました。

おもしろいなーと思ったのが、四柱推命には、

恩を送った人からは恩は返ってこない、

別の人から返ってくる、という考え方があるそうで。

# まさに、五行の相生図のように〜〜

このボトルはパートナーシップにも関わるそうなのですが、

先生曰く、わたしはオットにいろいろしてあげてるけど、

オットからは返ってこないそうです(笑)。

「ふだん、どう?」と先生に問われ、

「いやー、オットにはほとんどなにもしていない気が・・・。

どちらかというと、わたしのほうがやってもらってますが・・・」。

と口ごもってしまいました。

どうなんだろ???

四柱推命セッションの前にセレクトした、今日の4本はこちら。

img_20160919_090752

四柱推命ボトルとは異なり、よく選ぶおなじみさんばかりでした。

# 3本目の B67 はだいぶアルケミーしてて、
 手に取るまで B98 だと思ってましたがw

この4本にも、前日からの人生解読とつながるメッセージが隠れていて、

石田先生には「オーラソーマのコンサル、やったらいいね〜」と仰っていただきました。

そう、カバラ人生解読では、今後「霊的な治療」をする、

というメッセージをいただいていたのです。

霊的な治療!

あまりに恐れ多いキーワードにちょっと脳みそが追いつけず。

この件については、広島から帰ってからもつらつら考えています。

そのうち書くかも。

さて、モニターセッションは、石田先生がASIACTに提出する論文のために、

実際にボトルを使ってみてのレポートが必須となります。

4本セレクト+四柱推命の5本から選ぶのですが、

なぜか 1本目の B47 に惹かれました。

実際に使ってみるのは、いま使っているボトルを終えてからになるのですが、

どんな体験が起こるか、今から(ちょっぴりの恐れとともに)ワクワクしています。

石田先生、お忙しい中、セッションありがとうございました!

返信を残す

必須項目には印がついています*