01_MILLION FLOWERS

[learning]「私たちの存在が社会を変える」

職場復帰準備講座の3回目、最終日でした。

「あれ、2回目の日記がない」と思われた方・・・、

スルドイ!(いらっしゃるかしら?)

講義の2回目は、義父と義母が横浜に遊びに来てくれたので、

泣く泣く欠席したのです。

育休を取って職場復帰した、先輩ママ・パパとの座談会が開催されたそう。

とても興味があったので残念でした。

それはさておき。

今日の講師は、ジャーナリスト・福沢恵子さん。

お名前くらいしか存じ上げていなかったのですが、

「こんな風に年齢を重ねたい」と思わせる、素敵な風格のある女性でした。

声もいいんですよ、アルトで、落ち着いていて(←関係ないですね)。

テーマは「スムーズな復帰と今後の生活のために」。

職場復帰の前に考えてみるべきこと、

自分の価値観に沿ったワークスタイルを考える、

自分のメンターをどう作るか、などなど。

福沢さんの一言一言に、もう脳味噌刺激されっぱなし。

今日からやろう!すぐやろう!!ということだらけだったのです。

こんなにドーパミンが出たのって、産休・育休に入って初めてじゃないか?というくらい。

2時間があっという間の、とても密度の濃いお話でした。

心に残った言葉はかぞえきれないくらいたくさんあるのですが、

2つだけ紹介させていただきます。

「幸せでないお母さんから幸せな子どもは生まれない。

自分がハッピーであることを最優先に考えよう」

こんなところでHappy Mommyについての話が出るなんて!

ワーキングマザーは得てして「子ども優先」の生活をするべきとされていて、

その方が世間一般の聞こえがいい。

したい仕事があっても他の人にまわす、なんていうことも多い。

でも「好きな仕事をするために、早出・残業もバリバリこなす自分」が

幸せなら、それもあり。

「子どもがかわいそう」なんて罪悪感を持つ必要なし、と。

#もちろんこれはもののたとえであって、
#福沢さんは、自分のおかれた環境や状況に応じて、
#仕事のボリュームを調整するように提言してくださっています。
#念のため。

「私たち(育休取得者)の存在が社会を変える」

法律ができても、それが社会に浸透するまで10年かかるそうです。

1992年に育児・介護休業法が施行されて13年経った現在、

育休取得者は徐々に増えてきている。

男性で取得する人もほんの少しだが存在する

(0.4%でしたっけ?)。

それでも、

出産した女性の75%が退職し、

残った25%のさらに80%しか育休を取得していないとのこと

(福沢さん談・・・ってことは何%になるの???)。

分母がなんなのかよくわからないのですが、

とりあえず「育休取得者」というのはまだまだマイノリティ。

でもゼロではない。

ゼロではないことが社会を変えていく希望だ、と。

聞きながら、ちょびっと涙が出てしまいました。

産休・育休の取得は、いくら法律で認められているとはいえ、

やはり上司や同僚に迷惑をかけている、という後ろめたさが拭いきれない。

オカネは雇用保険からちょこっと出るものの、

基本的には無収入なので、夫に食べさせてもらってる状態だし。

また職場復帰というのが厄介で

(その不安を軽くするために今日のような講座に出るのですが)、

保育園に入れるかと悩んだり、どうせいっちょまえに仕事できないよね~と、

悶々。

お気楽育休ライフを送っているつもりだったけど、

それでもなんとなくわだかまりがあったんだなぁと

意外な発見をしてしまいました。

そんな私(たち)が「社会を変える」と言われたのですから、

本当に、本当にうれしかった

(これはコーチングの「承認」に通じるかもしれないですね)。

日経新聞の記者さんが取材に来られていましたので、

そのうち夕刊の記事として掲載されるそうです。

横浜近郊でご興味のある方は是非、講座に参加されてみては?

(2ヶ月に一度くらい開催されているようです)。

今回、育休取得「済」のワーキングマザーもたくさん参加されていました。

みんなで社会を変えていきましょう♪

Tags:

About the author

[million flowers]KIN1☆万紫千紅、色とりどりに花咲こう。

コメントはまだありません

[learning]住まいの氣を整える☆コンテンポラリー風水講座

コメントはまだありません

[learning]21世紀の占星術☆アバター占い

コメントはまだありません

[learning]Bissan Rafe による Fairytales Workshop

コメントはまだありません

[learning]COMATSU kitchen & barで写真教室

コメントはまだありません

[learning]インド占星術・Jyotish(その3)

コメントはまだありません