[合唱]ハイドン『天地創造』を歌います♪

青いスペクトルの嵐の年 スペクトルの月 10日
KIN248 黄色い磁気の星

今夜のお月さま、やけにパワフルだなぁと思っていたら、

明けて5/11(木) 6時42分にウエサク(五月)満月を迎えるそうです。

ルミナさんによれば、

この五月満月を迎えるとき
こころと魂と現実のすべてが結びあい
新しい次元の扉を開きます。

ということなので、お知らせが続いている中恐縮ですが、

演奏会のご案内です☆

西南オラトリオ・アカデミー合唱団 第1回定期演奏会

F. J. ハイドン作曲「天地創造」

Franz Joseph Haydn “Die Schöpfung”

日時: 2017年7月1日(土) 16:00開演 (15:30開場)
会場: アクロス福岡シンフォニ-ホール
        福岡市営地下鉄「天神駅」16番出口より徒歩約3分
チケット: 前売 2,000円/当日 2,500円/学生 500円(全席自由)
チケット取扱: アクロス福岡チケットセンター(092-725-9112)
       チケットぴあ(0570-02-9999) Pコード328-684

【出演】
ソプラノ: 隠岐 彩夏
テノール: 行天 祥晃
バリトン: 原 尚志
コンサートマスター: 廣末 真也
合唱:  西南オラトリオ・アカデミー合唱団
管弦楽: オラトリオ・アカデミー・アンサンブル福岡
指揮:  安積 道也
主催:  西南オラトリオ・アカデミー合唱団
後援:  福岡市・福岡市教育委員会 (公財)福岡市文化芸術振興財団
     西南学院大学 福岡音楽団体連絡会 福岡県合唱連盟

詳細は当団サイトもご覧ください

どのページも真っ黒!オタマジャクシみっしり!のマタイを歌った後なので、

なんか楽譜は白いし、歌詞は繰り返しが多いし、楽勝っぽい?とか思っていたら、

・・・大間違い(爆)。

ハイドンさんは地味にスゴイと感じている日々です。

混沌と闇から最初の光がうまれ、

空、海、陸地ができて、太陽と月、星々が輝き、

植物たち、動物たち、そして最初の人間がうまれる・・・。

混沌から世界がうまれるなんて、

イザナギとイザナミの国つくりとほぼ同じではありませんか?

(怒られるかなー?)

そんな聖書の物語が、まるで映画音楽のように美しく、

かつ、わかりやすく描写されています。

第13曲の大陽がうまれる場面とかねー、

ホントビジュアル系ですよ。

音楽を聴いているだけで脳内スクリーンに、

昇ってくる太陽の映像が再生されますもの。

昨年のラ・フォル・ジュルネの宣伝で、

天地創造の聴きどころをまとめた動画を見つけました。

貼っておきますね〜。

前編

後編

チケットは、アクロス福岡チケットセンターチケットぴあ(Pコード:328-684)、

もしくはお近くの団員(わたしも持ってます!)よりお求めください。

ご来場をお待ちしております〜^^

返信を残す

必須項目には印がついています*